サイト『生きる意味の「正体」教えてやるにゃー』
第2章『それって、しあわせ?』
南方からの客人


■ 南方からの客人(5/5)

『派遣されし トンビ』





お客さん、
誰だったのよ?

ふき




奥から
玄関に出てきたのは、

言うまでもなく、
白いメス猫「ネックさん」






おや?
さすがは ふきくん。

こんな素敵な女性 と、
生活を共にして
おいでだったのですね。





私などが あがりこんで、

お二方の おじゃま だったり
しませんでしょうか?





トンビの紳士が、

そんなことを言って
ニッコリほほえんだので、


ふき は ムキになって
まくしたてました。






いや!

こいつは
勝手に 公園から
ついてきただけなん…



そこまで
わめいたところで、

『ぎぇっ!』




と 絶叫した ふき は、

玄関に うずくまって
しまいました…







その足元で ネック が、

自分のことを 軽くあつかう
発言
をした ふき の、

その「弁慶の泣き所」
一閃した 自分のツメ を、
静かに しまっています。








そして、

トンビの紳士に
ほほえみながら、

その、白く ほっそりした前足
優雅に差し出すのでした。





ま、こいつとは
色々あんのよ。

あたし、ネック


あんたね?

キツネの じいさん が、
「後で 派遣する」
って 言ってたのは?





トンビの紳士は、
その言葉を受け、

それまでの
にこやか なほほえみを
さらに パッと輝かせました。




はい。

わたくし、
『 ミューラー 』
と 申します!





そうでしたか…

あなたが「ご依頼主」
だったのですね。





そう言うと ミューラー は、

ネック の 前足と、
ふき の 手に、

自分の羽根を
「握手」するように
重ねました。






よろしく お願いします、
ネックさん!

そして、ふきくん!



  






[章の 目次 に戻る]