■「学歴」は、ガマン大会の賞品?(2/10)





ただ たしかに、

学生と 社会人のやり方が
あまりにも異なっているのは、

『 学歴社会の 大きな弊害 』
ですよね…





ふき としては、

先日 ネック に、
自分の「学歴」
『 人生の しあわせの1つ 』
自慢したばかりだったので、




そ、そんなに
違うものですか??

ミューラーさん?


…と、

あわてて否定しようと
したのですが、




違うに決まってんじゃん。


だから あんたも、
『新人教育』やって、

学生くんたちを
社会人に改造 しようと
躍起になってるんでしょ?





と、即座に
ネック に突っこまれ、

言葉に つまってしまいました。








大ざっぱに言いますと、

わが国の学校と
いうものは、

『 高い記憶力 』
さえあれば、
高得点がとれる

ようになっています。





いろいろな勉強法が
世の中には ありますが、

それらの中でも 特に
「記憶術」関連
ありがたがられているのも、

その証拠の1つでは
ないでしょうか?






そういえば、

ふき が、先日 テレビで見た
トーク番組『ヤメトーーク』でも、

高学歴の お笑い芸人たちが
自慢していた 勉強法
ほとんどは、

『 いかに 効率的に記憶するか 』
についてのものでした。






また、ふき自身も
学生時代は、

単語帳やら何やらを
常に携帯して、

1分1秒を惜しんで
「暗記」に努めたものでしたが…


あれは本当に
苦しい経験 でした。








[章の 目次 に戻る]