■「学歴」は、ガマン大会の賞品?(5/10)





…ていうかさ。

ふき が 前に言ってた、

『 高校や大学に、
長くガマンして行き続けている
人間のほうが 立派 』


っていう 考え自体、
根っこから おかしいよね。





ネック の この言葉に、

今まさに
「学校にガマンして
通い続けていた当時」

のことを
思い出していた ふき は、

ギョッ として、
5センチほど飛び上がって
しまいました。








学校って、

大人… 社会人に
なるための「知識」を

学ぶところなんでしょ?





なら、

「そこで身につけたもの」を
誇るべきなんじゃないの?



なんで、
『 どれだけ ガマンしたか 』
(最終学歴)
を 自慢しようとすんのよ?





それって まるで、

「学校で身につけたもの」に
自信がないから、

「ガマンした長さ」を
誇ってる
ようにしか、

あたしには
見えないんですけど?






あんた ご自慢の
「学歴」って、

結局は、

『 会社に入りやすくなるための
ガマン大会 』
って事かしら?


そんなものが、あんたの
「人生のしあわせ」って
やつなんだ?






ケラケラケラ
笑っている ネック に、

ふき は うまい反論が
思いつかず、

赤くなったり 青くなったり
していたのですが…





そんな彼に、
トンビの紳士が

「助け舟」
出してくれました。








[章の 目次 に戻る]