■『お金』を
無限化してみる(2/5)

『1兆円って、
どれぐらい重い?』





ミューラー の 解答に、

ふきたちは 仰天です。




すごいねぇ。

このウチのリビングにも
入りきらない
んじゃないの?





ふきは、

『大きさ 5メートルの
巨大なサイコロのような
札束の群れ』


リビングに鎮座する
光景を想像して…


その 威圧感 に、
ちょっと恐怖すら
おぼえました。








そんなに
たくさんの お札だと、

きっと『重さ』
すごいのでしょうね…




かみね の質問に、

ミューラーは、
また すぐに目をつむり、
暗算を再開しました。




1万円札 1枚は、
『約 1グラム』

だそうです。

だとすると、

1000枚で、1キログラム…

100万枚で、1トン…





1億枚の 1万円札 は、

実に、
100トンもの
大重量

に なるわけですね。





普通の おうちの
床なんか、

一瞬で
抜けてしまいそう

ですね…





じゃあ、
その1兆円で、

底の抜けない
「超」頑丈な屋敷


買って 建てちゃえば
いいじゃん?





なんだか、

本末転倒な 話
ですねぇ…





ミューラー の一言で、

その場の全員が
あはははははは

ほがらかに
笑い合ったのでした。


  

  









…えーと。

あれ?

なんの話だっけ?




そ そ そうでした。

「無限化」です。

『お金の 無限化』
について
話していたんでしたね。




… ったく。

ふき の バカが、
話を横道にそらす
から
こんな事に なんのよ?





思わぬ矛先が
自分に向けられ、



いやいやいや!!

最初に横道に
そらしたのは、
たしか、「ネッ



と 反論しかけた
ふき でしたが、

ネック による
弁慶の泣き所への一閃
が 頭をよぎり、

泣く泣く
話を先に進めることに
しました。


  






[章の 目次 に戻る]