ミューラーの、思い出の岩場(5/7)





この 岩場は

ですね…





長い沈黙の後、
ミューラー

しずかに
かみね の ほうに
向きなおって、

語り出しました。





私が 二度目に…

ふきくんに
会った場所なのです。





『 二度目 』

ですか?





はい。

最初に ふきくん に
お会いしたのは、

この近くの浜辺で、
「肉まん」
分けていただいた
ときなのですが…





同じ日の 夕方ごろ、

ふきくん が、
この岩場を
歩いている
のを、

偶然、上空から
見つけたのです。





それで、
また何か食べ物を
いただけないだろうか?
と思い、

ふきくん の頭上を
旋回していたのですが…


そのとき 私は、

「とても不思議な光景」
に 出会ったのです。





不思議…

と 言いますと?





はい。

ふきくん が
うつむいていたので、

よくは見えなかった
のですが…


彼は なにか、

とても大きなショックを
受けている
ようでした。





「何をしているんだろう?」
と 不思議に思い、

そのまま上空から
眺めていたところ、


突然、ふきくんが、

リュックから
「コップ」を取り出し…





この、柱のような岩の
てっぺん…

この、大きな「くぼみ」に
たまっていた海水を、

猛然と かき出し始めた

のです。






[章の 目次 に戻る]