■ 滅亡の原因は、『自然災害』?(3/7)





あたしは
アレもイヤだね…


ゴロゴロ ピカッ!

…と くる、『 カミナリ 』




そ、そう?

家の中とかにいれば、
別にそれほど
怖くはないけれど…




ネック の 言葉に、
首をかしげた ふき に、

ミューラー
捕捉をしてくれました。




それは、ふきくんのような
人間さんたちのお住まいに、

「避雷針」 などの設備が
キチンと付いている
から
ではないでしょうか…?


われわれ
動物にとっては、

今でも やはり、
雷は恐ろしいもの
なのです。




木に落雷すれば、

そこに住んでいた鳥などは
当然 ケガをしたり、
死んでしまいます。


また 雷は、
落雷した箇所だけでなく、
付近にも 強い電気を流します


近くにいた動物は もちろん、

目では分かりませんが、
付近の虫たちなども
大量に感電死しているのでは
ないでしょうか?




また、木の密集したところに
雷が落ちると、

そこから 山火事
なってしまうケースも
ありますよね。


人間さんたちが消化して
くださることもありますが、

鎮火するまでに、
多くの動植物が
亡くなってしまう
ことも
珍しくありません…




そんな ミューラー の 話を
静かに聞いていた かみね が、

ふと 思い出したように
たずねました。






[章の 目次 に戻る]