■ 滅亡の原因は、『パンデミック』?(4/7)





ところで、

かみねさんが
調べてくださったような、

国を越えた広い範囲に
伝染病が広がってしまう状況…



これを、

『 パンデミック 』
と 言います。




パンデミックに該当する
感染症には、

たとえば 過去には、
『 天然痘 (てんねんとう) 』
というものが ありました。


今でこそ 「根絶」
成功しておりますが、

かつては 世界中で
猛威を振るい、

数1000万人規模の
死亡者を出したほどの、
凶悪な病気
でした…






『 天然痘 』

そういえば ふき は、
世界史の教科書で、

そんな病名を
聞いたことがあります。



恐ろしい病気らしいことは
知っていましたが、

まさか それほどとは…







また、「黒死病」 とも
呼ばれた 『 ペスト 』 は、

14世紀の大流行で、
世界中で 1億人もの死者
出したと言われています。


その結果、
当時の世界人口が、

4億5000万から
3億5000万に激減…


実に、全人類の 23%が
犠牲になった
わけです。




これは、今の世界人口
「75億人」 で考える
と、

『 17億人もの死亡者 』
を出したに等しい、

想像を絶する大参事
です。





先日、生物滅亡の
可能性の1つとして

「戦争」 について
話し合いましたが…


歴史上最悪と称される
「第二次世界大戦」 ですら、

死亡者数は 8000万人
言われているそうです。



当時の世界人口が
23億人 ほどだった
そうですから、

死亡者は、全体の 3.5% 程度
と考えることができます。




単純に比較することは
できませんが、

戦争が、33人に1人の割合で
人間を殺す
一方で、


ウイルスは、

「ペスト」 のケース
1つだけでも、
4人に1人もの人間を、
あっけなく殺害していた…


という考え方も
できるのではないでしょうか?


    






[章の 目次 に戻る]