■ 滅亡の原因は、『太陽』?(2/8)





太陽の偉大さは、

その「巨大さ」だけでは
ありません。




ミューラー の 太陽賛歌は、
さらに 続きます。




その巨体から
惜しみなく放たれる
膨大なエネルギーのおかげで、

この 極寒の
宇宙空間の中でも、

私たちの住む地球には
適度な ぬくもりが降りそそぎ、


今もこうして、
生命活動を続けることが
できているのです。




それでも、
地球が受け取っている
太陽のエネルギーは、

太陽全体から
放射されているものの、

たった 20億分の1
だそうです…


もはや 驚嘆するばかりの
超絶なエネルギー量
と言えるでしょう。





…と、ここまでは

太陽の素晴らしさを
称えていた
ミューラー でしたが、


ここへ来て その表情が
少し 曇りました。





ただ…

太陽は、その膨大な
エネルギーゆえに、

放射量が わずかに
変化するだけで、


私たちの暮らしを
大きく左右してしまう怖さ

も 持っているのです…





先ほど、太陽の
イメージの1つに

「不変」 を 挙げた ふき にとって、

話が意外な方向に
転がりはじめました。







たとえば、
『 太陽フレア 』です。


「フレア」とは、

太陽の表面で
日常的に起こっている爆発

のことなのですが…




これの強力なものが
発生すると、

地球では、『 磁気嵐 』
『 デリンジャー現象 』が起こり、

一時的に通信が
できなくなったり、


電気機器に異常が
発生したり

してしまうのです。






[章の 目次 に戻る]