■ 神話ではない、
現実の『ノアの方舟』(1/4)






ただ…

この「移住」には、

「亜光速宇宙船の開発」や、
「宇宙旅行自体の成功」
以外のところにも、

実は、さまざまな
「解決すべき問題」

存在するのです。




…と、いうと?

ミューラーさん。




まず、亜光速まで
スピードを上げるため、

こうした宇宙船は、
『可能なかぎりコンパクト』に
造らなければなりません。


と いうことは…




かみね が、
ハッと息をのみました。




『全ての生物を
乗せていくことは
できない』…


という事ですか??




ミューラー が、

沈痛な顔で
うなずきました。




物体は、大きく・速くなるほど、
加速にエネルギーが
必要になります。


重ければ 重いほど、

速ければ 速いほど、

より大量のエネルギーを
投入しなければなりません。




ましてや、

宇宙最速と言われる
「光速」まで
宇宙船のスピードを
上げるのは、

並大抵のことでは
ないのです。




したがって、

宇宙船自体も
ギリギリまで軽く…

積めるものも
最低限まで削る

必要が 出てくるのです。





まるで…

『ノアの方舟(はこぶね)』
みたいだね…




ふき が 口にした
そんな言葉を、

そばで聞いていた
かみね

早速ネット検索を
始めました。






[章の 目次 に戻る]