■ あたしの『お父さん』(5/7)
『ネックの 以前の飼い主の、その後』





かみね が 神通力で、
息子さん一家の人間たちの
「心」
を調べた結果…


分かったことは、
以下の通りでした。







『おじいさん は、
引っ越してきて 数ヶ月で
体調を崩し、

検査の結果、
「ガン」であることが
判明した
』…




『手術自体は
うまくいったのだが、

老齢であったこともあり、
手術後、ガクンと
体力が落ちてしまった
』…




『そのため、
引っ越してきて
1年ほどした頃に、

帰らぬ人と
なってしまった
』…




『それでも、
息子さん夫婦や
お孫さんと、

短くも、とても おだやかな
日々を過ごすことが
できていたようだ
』…









お父さんも…

「ガン」だったんだ。





ネック は、

自分と飼い主の
意外な類似点 に、

悲しさと、

不思議な あたたかさを
感じました。





元の飼い主さんが
公園に ネックさんの様子を
見に来れなかったのは、

「住んでいるところが遠い」
ってことも
あったけど…


そんな理由
あったんだね。





かみね が、

寂しそうに
うなずきました。









[章の 目次 に戻る]