サイト『生きる意味の「正体」教えてやるにゃー』
第2章『それって、しあわせ?』
『学歴』が あれば、本当に幸せ?


■『学歴』が あれば、
本当に幸せ?(4/5)


『「学歴」が、
人材と会社のマッチングを
阻害している?』





ただ、
今の わが国においては

「記憶力という能力1つだけ」が
評価の大半
に すえられ…





記憶力さえ高ければ
さも「能力全般が高い人間」
であるかのように
勘違い
され…


「いい学歴さえあれば、
必ず 自分の望む人生が
手に入る」かのように
思いこまされている
せいで…





学生さんが、
いざ「社会」に出たときに、

『本人』は
ギャップに苦しみ、


『企業』は、
学生さんの認識を
「社会人の それ」へと
作り直すために 四苦八苦

させられています…






そうした
「学校教育 の 弊害」
の 1つが…

今まさに ふきくん が
苦労されている
『 新人教育 』だと、
私は思うのです。





ふき が、
疲れきった顔で、
うなずきました。

 





「記憶力」だけを強化しすぎた
若者たちを、

「応用力」も 持った社会人に
『 再教育 』しなければ
ならない手間
は、

会社側にとっても
多大な 負担 です…





こうした、

今の学校教育が 含む
『非効率性』
は、

この国の社会全体を
スムーズに回すのを
『阻害』している
面があると、

私には、心配されて
ならないのです。





まあ、いろいろと
ヘンテコだよね…

『 学歴社会 』





そんな ネック の 苦笑を
見つめながら ふき は、

先日 この白猫の発した
「日本は、まだまだ 学歴社会」
という言葉
の 見え方が、

自分の中で
変わっていく
ように、
感じられるのでした。








「どこの学校に行っていたか」
「最終学歴は どこまでか」

ではなく、

『 どういう能力や知識を
身につけてきたか 』が
明確になる「学歴」

こそが、

本来は 必要なのでは
ないでしょうか?





そうでなければ、

「学歴」は 何も意味を
なさないどころか、

むしろ、
会社が「求める人材」を
見出しにくくする

『煙幕』にすら

なってしまうように
思えるのです。



 



【下へ 続きます】



【広告】

 



『結果的に
「学歴」の被害者になった ふき』





ミューラー
この言葉で、

ふき苦い思い出
よみがえりました。






今でこそ、
「ユーザーサポート」の
リーダー職
である
ふき ですが…


実は、今の会社には、
『プランナー』

つまり「企画」として
働くつもりで入社

していたのです。


( 「企画職」とは、
どういうゲームを作るかを
具体的に考えて、

プログラマ や グラフィッカー
などのスタッフに
指示を出していく、
制作監督 のような仕事です )





高い倍率の募集
だったのですが、

最後には、
ふき最終学歴
応募者内で それなりに
高かった
ことが、
選考の 決め手 になりました。







ところが、

過去のゲームの
いろいろな良さを『憶える』

のは 大の得意でも、

ここ一番で、
『応用力ある発想』
が 足りない

ふき の ゲームアイディアは、


どうしても
既存のアイディアの
『二番せんじ』

なってしまいがちでした…






そのため、
企画会議などでも

なかなか
自分のアイディアに
GOサインが もらえず




気づけば
「商品管理課」に 回され、

日々の生活のために、
現在の「サポート業務」を
イヤイヤこなし続けている…



そんな経緯があったのです。







ちなみに、
ふき の 勤めている
ゲーム会社には、


最終学歴が
「高卒」でありながら、

人生の早い時点から
ゲームメーカーへの
就職を決めて、

若い頃から
地道な努力を積み重ね、


現在では、
企画部門などで
バリバリ活躍している者

が 何人か おり…



「大卒」ふき は、

いつも それを
苦々しく 思って
いたのでした。





自分は、
つらい大学受験も
ガマンして耐えてきた
のに、

どうして
自分よりガマンの足らない
「高卒」ふぜい が、

自分より良い仕事
任せてもらえるんだ!?


という 感じに…






でも、
ふき は 今日、

ミューラー たちの
話を通して、

「自分に 足りなかったもの」や、
「自分の 根本的な勘違い」に、
ようやく気づけたような
気がします。







今の日本の『 学歴 』は、
必ずしも…


あるいは、
業種によって は、
ほとんど、

『 現場での 実力 』
はかる モノサシには、
なってくれない物

だったのです。







そんなふうに
気落ちしている ふき に、

ネック は、
こんな考え方 についても
話してくれました。





【下へ 続きます】



【広告】

 





[章の 目次 に戻る]