■ 恋は、一生続く可能性のある人間関係(3/5)





このままでは、
ふきネック の話し合いは
すれ違うばかりだと
心配した ミューラー は…


こんな提案をしてみました。




ふきくん にとって、
あの女性は、

とても大切な方
なのだと思います。


しかし、恋愛というものは、
「自分と相手」 の心によって
生まれるもので、

片方だけの思いでは
決して成立しません





そこで どうでしょう?


先日お話しした
『友情』 の延長として、

今回の 『恋愛』 について
考えてみませんか?




「友情」 の延長…??





ふきくん、

「2人が親友になるにあたって
必要なもの」
は何だったか、

憶えておいででしょうか?





そういえば、

そんな話を
した記憶があります。



ミューラー が、

「どんな交友関係でも通用する、
普遍的なもの」
と称していた、

それは…





そうだ… 
『尊敬』!



たしかに先日 ミューラーは、
そんなことを語っていました。



…ということは、

ふき が彼女を尊敬し、
彼女が ふき を尊敬してくれていれば、

2人は 「恋愛」 という関係において、
良好な間柄を築けている


と、考えられるわけです。




ふき は早速、

彼女の良いところ…
尊敬できるところ
を、
考えてみることにしました。





えーと、まずは…

やっぱり あの、
顔とスタイル だよね〜。

「人間 顔じゃない」
とか言う人もいるけど、
顔がイイに越したことな…


はいはい、

1つ目は
「顔とスタイル」 ね?

尊敬というのとは
ちょっと違う気もするけど、
まぁ OK でしょう。

…で、それ以外には?



余分な注釈を
くわえはじめた ふき
さえぎって、

ネック
次を要求しました。






他には… そう。

クール だよね〜 彼女!

口数が少なくて
物憂げな感じが、もう最高!

ベラベラしゃべってばっかの
ガキっぽい女には無い、
「大人の魅力」 ってやつを感じるよ。



あんたに興味が
無い
んでしょうね…



ふきくん と話しているときも、

彼女さん、ほとんど
スマートフォンから
顔を上げませんでした
ものね…







なんなんだよ、
君らは!!




ふき に 半泣きでキレられて、

ミューラー
ビックリ慌てふためきました。


ネックは、
「へっ」 てなものでしたが。






そ、それでは次は、

「彼女さんが ふきくん の
どういう所を尊敬しているか」
…?

そこを考えていきましょう。



ミューラー
冷や汗をぬぐいながら、
ふき に 先をうながしました。






ところが、
ここで ふき は、

腕組みをしたまま
押し黙ってしまったのです。



どうしました… ふきくん?



…いや、「自分が彼女について
思っていること」 なら
分かるんだけど、

「彼女がオレについて
思っていること」 は、ちょっと…

見当も つかないなぁ…




そりゃあ そうよね。

あんたは 超能力者じゃ
ないんだから。




ネック が、ふき
助け舟を出しました。





でも 安心しなさい、ふき

本物の超能力者の
「かみね」 が、

ちゃーんと、
あんたの彼女が
デート中に何考えてたか、
読み取ってた
から。




は? 読み取る?

何それ??








[章の 目次 に戻る]