■ 恋は、一生続く可能性のある人間関係(4/5)





愕然とする ふき に、
ミューラー が説明します。




実は かみねさんたちは、

ふきくん のデートを
覗き見したときのような
不思議な能力を、

少しですが、
いろいろと使えるそうなのです。


「読心術」 というそうですが、
それで彼女の心を
調べてくれたのです。




そそそ、それで彼女は
どんなこと考えてたの!?




半年近く 付き合いながら、
いまだに彼女の考えていることが
よく見えない
ふき は、

今後の突破口に
なってくれるかもしれない情報に

目をランランとさせて
食いつきました。





い、いえ…

私も、かみねさん から
聞いた話なので、

詳細は分からないのですが…




つかみかかってきそうな ふき に、
うろたえつつも、

ミューラー が返した答えは…






『デートに関係ないことばっかり
考えているようです』…


とのことでした。


スマホばかりに
意識が行っていて、

メール や SNS のチェック、
今日の天気や テレビ番組の確認…

あとは、「帰ってから何しようか…?」
みたいな 雑多でボンヤリしたことが、

彼女さんの頭の中には
浮かんだり消えたり
していたようですね…







しばらく ミューラー
正面から凝視していた ふき は、


やがて、

そのままペタンと
床に座り込みました…





…そ、それだけ?


そんな事しか、
考えてなかったの、

彼女…?






ふき のショックは当然でした。


彼女が 「デートと関係ないこと」 しか
考えていなかったのも驚きですが、

実は今日、ふき は、
近々むかえる
彼女の誕生日について、

「オレがお金出すから、プレゼントとして、
どこかに2人で旅行しよう!」

と、提案していたのです。



ふき としては、
今の2人の関係の進展も期待した、
思い切った提案 だったのですが…



当の彼女にとっては、

「友達のメールや お天気チェック」
よりも、心に響いていない、
無駄話 に すぎなかった
のです…






もしかしたら彼女さん、

誕生日ごろまで
ふきくん と付き合う気が、

もう無い
のでは
ないでしょうか…?





ふき の頭の中で、

ズゴ〜ン…
重い音が鳴り響きました。





名推理だね、ミューラー

今のままの関係なら
別にいいけど、

ふき が距離を
縮めたがってるから、

『そろそろ ウゼェ』 って
思ってるのかもね?





ふき の脳裏で、

ズゴ〜ン… が反響しています。






てか、彼女も
なんか すごいよね。


ふき に ここまで 「無関心」 なのに…

「尊敬」 の 「そ」 の字も無いくせに、

よくも まあ、
おデートなんか
できるもんだよねぇ?





これは、先日お話しした
『夢』 と同じ構造なのかも
しれませんね…


「とりあえず 持っていることが大切」
「持っていないことは恥ずかしい」
という、
本末転倒 な状況に、

今の世の中の 『恋』 が、
なってしまっているのでは
ないでしょうか…?





『(1人)ボッチは
世間的に みっともないから、

取りあえず誰でもいいから
キープしておこう』


という感じでしょうか?


動物である私には、
まったく理解できない思考ですが…





「夢」 だけじゃなくて、

「人間関係」 まで
『アクセ』(サリー)
なんだねぇ。


クールなんだか、
見栄っぱりなんだか…






そ、そこまで彼女を
悪く言うことないだろ!!




深いショックの中を
ただよっていた ふき でしたが、

愛する彼女のために
気力をふりしぼって、

反論 に転じようとしました。




ところが…





そーよね、

彼女ばっかり悪く言うのは
オカシイよね。


「原因は、あんたにもある」 んだから…




と、ネック
切り返されて、

キョトン としてしまいました。










[章の 目次 に戻る]