■ 本気で自分を大切にすれば、
進むべき道が見えてくる(4/6)







その時の ふき の 顔つきは、

これまでにないほど 圧倒的な、
ポカーーン顔 でありました…






突然 なにを言い出すのか、
ネックさん は…?


今までの話の流れを、
ちゃんと聞いて
いなかったのだろうか?


『 本気で、自分自身のしあわせを、
トコトン追求すればいい 』
って、

この白猫は、
なにをトンチンカンで
矛盾したことを…






あの… ネックさん…


「自分自身のしあわせ」
(自分の生存確率の上昇)

を 追いかけると、

他人に迷惑が かかっちゃうから、

どうしよう…??


って 話をしていたんですよ?





あなたの言っていることは、
まったく逆 じゃないですか?


僕は むしろ、

皆が もっと、他人や周りとの
しあわせ について考え…


ギャア!





ネック を さとしていた ふき が、

突然 すごい絶叫をあげて
引っくりかえった
ので、

ミューラーかみね
腰を抜かしたように
引っくりかえりました。


     





ネック は、

痛さで床を転げまわって
悶絶している ふき
見おろしながら、

自分のツメに フッと息を吹きかけ、

静かにそれをしまいつつ、
こう言いました。





耳の穴 かっぽじりなさいよ、ふき


あたしは、

『 本気で 』 『 トコトン 』

って 言ったのよ?





…ど ど ど、
どういう意味でしょうか?

ネックさん…





久しぶりに ネック から
「弁慶の泣き所への一閃」
を 食らった ふき は、


久しぶりに ちぢこまって、
ネック に 教えを請(こ)うのでした。





言葉どおりよ。

「自分が 生きのびること」
一番大事に考えるの。


ただし!

目先のことだけじゃなくて、
『 ずっとずっと、ずっと 将来 』
の ことまでも含めて、


本っ当に、トコっトン… ね。





「将来のこと」 も 含めて、

本当に、トコトン…?





ネックさん の お話は、

こういう事ではないでしょうか?

ふきくん。





まだ、ネック から
言われていることに
ピンと来ない ふき に、


頭をふりふり、
目をパチクリさせながら、
起き上がった ミューラー が、

こんな話を始めました。







[章の 目次 に戻る]