■ 滅亡の原因は、『自然災害』?(5/7)





さて、今まで いろいろな
自然災害 について
考えてきましたが…

わが国において、
特に忘れてはならない
ものがあります。

それは…

『地震』 『火山の噴火』 です。




最近の人間さんたちの家屋は、

かなりの耐震性を
そなえているそうですが…


それでも、
巨大地震が来れば、
数百から 数千…

ときには、数万もの人々が
亡くなってしまいます。




建物の倒壊や 土砂崩れで、
押しつぶされてしまう人…

溶岩や火砕流による
被害を受ける人…

津波に流されて
亡くなられる人もおります。


もちろん、
人間さん以外の
生物たちにも、

甚大な被害が発生することは
間違いありません…





ふき は、ミューラー
話を聞きながら、

何年か前に
この国で起こった、

「1000年に一度」クラスの、
未曽有の大地震
のことを
思い出していました。





ふき の 住んでいる街は、
震源から大きく
離れていましたが、

それでも、震度5強
大揺れを観測し、

本棚などが倒れて
部屋の中が大変なことに
なってしまいました。



街中の電車が止まり
多くの人々が、会社から家まで
何10キロも歩いて
帰宅したものです。



震災後しばらくは、
流通がほとんどストップ
してしまい、

近所のマーケットや
コンビニの商品棚が
スッカラカンになった恐怖を、

ふき は、昨日のことのように
思い出すのでした…




もちろん、
より震源に近い地方では、

それ以上の甚大な
被害が発生
しました。



『 津波 』 によって 多くの人々が、

一瞬にして、家屋や命を
失ったりもした
のだとか…








[章の 目次 に戻る]