■ 太陽・他天体の影響 による滅亡を、
いかに 回避するか?(1/6)






さて…

人間さんたちが

「宇宙空間や月面に
街を造れるようになった」

と 仮定すると…




「全生物」とは
いかないまでも、

われわれ地球上の生物の、
地球外への退避・移住

可能になることになります。




これにより、

もし 地球表面で
壊滅的な被害を出す災害
が 発生しても、

『地球生物滅亡』という
最悪の事態だけは、


回避できる可能性が
出てきた
わけです。





ふきは、複雑な思いで
うなずきました。





生物が 命をつなぐため
とはいえ、

ふるさと「地球」から
旅立たなくてはならない
とは、

なんとも哀しいことです…



しかし、

「ならば 地球にとどまり続けて
滅亡するか?」
と 問われれば、

それは
「まっぴらゴメン」
です。



我々は、生きのびたいですし…

われわれの子孫たちにも、
生きのびてほしい
のです。






…でもさ。

「月」だと
マズいんじゃないの?

10何億年後になると… さ。




ネック の 指摘に、
ふき は ギクリとし、

ミューラー
深くうなずきました。




そ、そう言えば
そうだよね。

太陽 が…




その通りです、
ネックさん。

先日 お話しした通り、

太陽の放つエネルギーが、
年々 強まっております。




たとえ地球上から
脱出したとしても、

「地球の近くの宇宙空間」や
「月面」では、

結局 10数億年後には、
太陽の熱に やられて、

われわれの子孫は、
生きのびることは
できない
のです。






[章の 目次 に戻る]