■ 神話ではない、
現実の『ノアの方舟』(3/4)






ちなみに、
神話の『ノアの方舟』は、

1辺が 60メートルの立方体
だったそうです。




船としては…

たとえば、
「地球から脱出するための
宇宙船」
としては、

現代の人間さんの
科学から考えると、

かなり巨大なもの
なりますが…




残念ながら、
その程度の大きさでは、

とてもとても、

地球上に『140万種』
いると言われる
全ての生物の
夫婦1組ずつを、

乗せて行くことは
できない
でしょう…





ふき も、
その点は同感でした。


地球という星は、
それほど圧倒的に巨大で、

その生態系を支える
生物たちの数も、

信じられないほど膨大

なのです。





そもそも、

「動物の夫婦」だけを
積み込んでも、
意味がありません。


何10年にも及ぶ
旅に必要な、

膨大な量の水や食料は
どうなるのでしょう?




それらを
考えていくと、

「宇宙船に積み込むべき
品物の分量」
は、

想像もできないほどに
ふくれあがって
しまう
のです…








そこで 考えられるのが、

『DNAのみ の脱出』です。




突如 ミューラー が、

そんな提案を掲げました。


  






[章の 目次 に戻る]