■ あんた、「霊」なんか
信じてるんだ?(2/7)

『霊・あの世・生まれ変わり の、
理論の穴』





その話なら、

ふき も 少しは
聞いたことがあります。





『前世』(ぜんせ)
『来世』(らいせ)
などという言葉も、

今 生きている自分から
見たときの、

「生まれ変わる前のとき」
「次回 生まれ変わるとき」
あらわす言葉です。





『そういう言葉が、
世の中にある』

という事は、

やはり
「霊」や「あの世」、
「生まれ変わり」なども
実在する


という事
なのでしょうか?





かみね の 問いに、
ふき も、

「言われてみれば
たしかに…」


と 考え込んで
しまいました。






ところが、
ミューラー は、

ちょっと ほほえんで
こう答えました。





かみねさん。

「言葉があるから 存在する」
というのは

必ずしも
そうではありません
よ?






なにしろ、
世の中には、

『無』という言葉が
存在する
のですから。





あっ!

  




言われてみれば
その通りです。


『無いものを表現するための、
「無」という言葉』

あるからといって、

『だから、無は存在する』
としてしまっては
大矛盾です。


存在しないからこそ、
「無」
なのですから…



『言葉がある』
『存在する』は、

必ずしも イコールでは無い
のです。








また、

「霊」や「あの世」を信じる人が、
よく使う 反論 として、

『霊や「あの世」が
無いということを
完全に証明した人は、
いまだに いない』


(だから、霊や「あの世」は
存在するのだ)


というものが
ありますが…





これも ふき は、
以前に聞いたことが
あります。


「なるほどなぁ」
納得して、

ちょっと「霊の世界」を
信じそうになったり

したのです。





ところが
ミューラー は、

そんな ふき の 心を
見透かしたように、
ほほえみました。




実は これ…

『 悪魔の証明 』
と呼ばれる、

昔からある
有名な詭弁(きべん)

なのです。






[章の 目次 に戻る]